Gスポットの場所と見つけ方−セックステクニックを極める

セックスで一番テクニックが試されるものといえば愛撫。愛撫テクニックを一度覚えてしまえば、女性を気持ちよくさせ、イカせ、虜にさせることだって夢ではありません。ここでは「Gスポットの場所と見つけ方」のテーマでテクニックを紹介しています。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

Gスポットってなに?触るとどうなる?

よくセックス用語で登場する「Gスポット」。女の体のどこかにあるんだろうけど、一体何なのか…。

Gスポットは女性の膣の中にあるツボのようなもの。例えば背中に痒いところがあって、人に掻いてもらうときに「あ〜もうちょっと右、あ〜そこそこ!」というやりとりがあると思います。

人の体ですし見た目では分からないですよね。
Gスポットは触るとポコッと飛び出ている、と言われていますが、やはり背中の痒いところくらい分かりづらいと思っていてもいいかもしれません。しかしそれでもGスポットの攻めテクニックを極めてほしいのは、鈍感な膣内で一二を争う敏感な部位だから。

ここを攻めると気持ちいいだけでなく、ゆくゆくはそこでイッてしまうようになったり、潮を吹かせることも可能になるのです。Gスポットテクニックが、セックスの面白みを広げるのです。

Gスポットの場所

Gスポットが膣の中にあることは分かりました。では、膣のどの辺りを意識すればGスポットの場所にたどり着くことができるのでしょうか。
Gスポットは簡単にいうと、女性のお腹側の膣壁にあります。上に反り上がった男性器を挿入したときに、うまく擦れるようになっています。女性の体は神秘的ですね。

ただ人によっては快感ではなく痛みのほうが強かったりするので、Gスポットが必ずしも快感のみのツボとは思わず、ゆっくりと丁寧にほぐしてあげることが大切です。

相手の体の特徴にもよりますが、イキにくい女性は男性器で擦られるよりも指でピンポイントに刺激されたほうが感じやすいかもしれません。

男性器は膣にピッタリとおさまってしまいますから、背中の痒みで例えると、指先で掻くか手のひらで掻くかの違いといったら分かるでしょうか。指先の力で掻いたほうが快感ですよね。

Gスポットの見つけ方

一般的にGスポットがあるのは、中指を第二間接まで入れて指先で感じる辺り。仰向けになった女性に、手のひらを上にして挿入しましょう。

ザラザラしてるとか膨らんでいるとか色々な感想がありますが、仮に一発でGスポットに触れることができても周りとの違いが分からないため、できたら指を入れたあと色々なところを探ってみることをおすすめします。

一人ではやはり分かりにくいですし不確実ですから、事前に相手の女性に「気持ちいいところがあったら言ってね」とお願いしておくと、その女性のGスポットの場所が分かり気持ちよくさせてあげることができますし、更にGスポットの触感が分かるので他の相手にも応用ができます。