セックスのとき女性が好む明るさは?−セックステクニックを極める

セックステクニックは実際に女性と触れ合わないと分からないこともたくさんあります。女性はセックス前後や最中はどう思っているのか?女性の本音「セックスのとき女性が好む明るさは?」を見てみましょう。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

男は明るいところでのセックスが好きだけど・・・

セックス中の電気の明るさについては、度々話題に上がりますよね。

男は明るいところが好きで、女は暗くしたがる。これは単純に、男は女の体が見たいから明るくしたいし、女は自分の体をまじまじと見られたくないから暗くしたい。上手くセックスをするならば、中間の明るさにするか、それともどちらかが折れて明るくするか暗くするかですよね。

そもそも女性が明るいところでセックスしたくないのは、自分の体にコンプレックスがあるからです。このコンプレックスは自分が絶対に見られたり注目されたくない!というものもありますが、そうでもないけど明るいところで裸になるのは恥ずかしいという漠然としたものである可能性もあります。

前者はお願いしても明るくしてもらえないかもしれませんが、後者の何となく恥ずかしいの場合は、掛け合ってみると案外「じゃあいいよ」と明るい中でのセックスをOKしてくれます。

それはなぜかというと、女性には根本的に「男に喜んでほしい」という気持ちがあるから。明るくすれば男は喜びますから、恥ずかしいと喜ばせたいを天秤にかけて喜ばせたいが勝つ場合も多いですから希望は捨てなくてもいいのです。

女性は暗いところでのセックスが感じる

女性が暗い環境でのセックスを望むのは、上で述べたように自分の体を見られるのが恥ずかしいというのが一番です。

でも実は、その女性自身も気付いていないことがあって、女性は暗いところでセックスするほうが快感度が増すというのです。

セックスをするにあたって、恥ずかしいという気持ちはある程度は必要です。恥ずかしさが興奮材料の一つになるからです。だけど恥ずかしさが過剰に強くなってしまうと、それはストレスに変わってしまい、それを隠すことに必死になり集中どころではなくなります。

部屋を暗めにすることは、裸の女性にとっての「お化粧」みたいなものなんですね。

それに、女性はイジワルされたり虐められたりすることが好きなM気質の人が多いです。そのため明るいところでどこに来るか分かっている状態でされるよりも、薄暗くどこを触られるか分からない状態で急に来られるほうが興奮するのです。

お互いの明るさの真ん中をとろう

明るくしたい!暗くしたい!という話題はセックスのあるあるネタですが、別にそれで喧嘩するほどのことではないですよね。男も別に絶対に明るくないとダメなわけではないし、反対に女も絶対暗くないとダメなわけじゃない。

それならば、中間地点をとることでどちらも安心・満足できるセックスの環境が整うことでしょう。

ここで一つ問題になってくるのが、照明自体のこと。段階調節機能がついた照明ならいいですが、付けると明るく消すと真っ暗という極端な照明の部屋も少なくないはずです。薄暗くするためのカーテンや間接照明、キャンドルを用意するなどのひと手間がかかる場合があります。

ただ、二人でその間接照明やキャンドルを見に行ったりするのも楽しいですし、実際に付けてみた流れで雰囲気が良くなりそのまま・・・というムード抜群でセックスをスタートさせることも可能ですよ。