座位での挿入・腰の振り方−セックステクニックを極める

セックスといえば挿入。男がリードしてあげる場面が多い挿入の時間は、いわば男として女性を体の芯までとろけさせるチャンス。ここでは「座位での挿入・腰の振り方」のテーマでテクニックを紹介しています。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

セックス体位−座位とは?

座位は男も女もどちらも座った状態で行う挿入のことで、男が下であぐらをかくような形で座り、その上から抱きつくように女が腰を沈めていく体位です。騎乗位と同じく、体位の中では数少ない、女性が上になる体位の一つです。

座位は男性の間で密かな人気で、それは何故かというと、対面することで女性の顔や体が見られること、ピストンのときに胸がゆっさゆっさと揺れるところが見られて興奮すること、そしてキスできたり胸への愛撫ができたりすること。

いくつもの楽しみがあって男としてはぜひセックスに取り入れたい体位の一つですね。

座位の基本形は対面座位といって、お互い正面と正面で抱きつくようにした形。逆に男をイスに見立てて背中を向けて座る背面座位というのもありますが、バックが好きな女性だとこちらのほうが気持ちいいかもしれません。どちらも試してみると良いでしょう。

座位での挿入の仕方

座位は男が待って女が来る体位です。男はどしんとベッドに座り、女はその上から跨ぐようにして腰を落として男を受け入れます。

座位の挿入で男がすべきことといえば、女性の腰を持ってリードしてあげることです。ある程度まで女性が腰を近づけると、勃起したアソコと膣付近が触れます。そうすると女性が自分から膣に入るように位置を調整してくれます。

挿入のタイミングや深さなど、細かいことは全て女性がやってくれるので男は待っているだけでOK。全て挿入し終わったらすぐに動き出すのではなく、キスしたり抱きしめたり胸を愛撫したりして、スキンシップを重視しましょう。

膣が勃起したペニスに馴染んでから動き出すようにします。

座位での腰の振り方

座位は男が女に乗られる体勢の関係で、他の体位のように自由に腰を動かすことができません。なので動くのは女性のほうですが、女性の力で動くのではなく男が腰を持ち上げて上下に動かします。

想像すると女性の体重全てを両手で支えて動かさないといけない?と不安になるかもしれませんが、手で持ち上げるのは女性へ「今から動くよ」の合図。一回腰を持ち上げるよう力を上に入れると、女性は自然とそれを助けるようにしてその手の動きに合わせて腰を上下するようになります。

男が持ち上げる力、女が腰を上に上げる力は半人前だとしても、2つの力を合わせればスムーズなピストン運動が可能になるというわけです。

座位で注意したいこと

座位は女性が自ら腰を沈めていく挿入方法のため、自分の体重でより膣の奥の部分まで 届きやすくなります。なのでペニスが小さい、短いといった男にとっては奥まで感じさせることができるのでおすすめの体位なのですが、反対に普通〜大きい、長いペニスを持った男が相手だと膣の奥まで当たりすぎて痛みを感じてしまう恐れがあります。

どこまで入っているかの感覚なんて女性側にしか分かりませんが、何となく奥までガッツリ当たっているか途中なのかというくらいは分かると思います。女性は膣の中が過剰に痛くなったり弱くても痛みが続いたりすると、欲求も減って早く終わりたい!という気持ちになってしまいます。

繊細な粘膜のトンネルに挿入しているので多少痛くしてしまうのは仕方ないのですが、思いやりがあるかないかでも女性がセックスに参加する意欲が変わってくるので、力加減という思いやりは忘れないようようにしましょう。