側位での挿入・腰の振り方−セックステクニックを極める

セックスといえば挿入。男がリードしてあげる場面が多い挿入の時間は、いわば男として女性を体の芯までとろけさせるチャンス。ここでは「側位での挿入・腰の振り方」のテーマでテクニックを紹介しています。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

セックス体位−側位とは?

セックスでスタンダードな体位といえば、正常位やバック、座位、騎乗位といった、正面か後ろかどちらかで行うもの。男が前にくるか後ろにいくか、上になるか下になるかという二択が主に使われている体位です。

でも、一つ簡単だけどあまり多くの人に知られておらず使われていない体位があります。それは「側位」です。

側位とは横という意味で、その名の通り男性と女性が上下ではなく横に並び行う体位です。側位は添い寝のように男女どちらもベッドの上に寝転んで行うため、正常位やバックとは違い男女どちらの体の負担が少ないところが一番のメリット。

余計な力が抜けて、リラックスした状態で繋がることができます。

女性が背中を向けて横になり、男性が女性に抱きつくような感じになるので、女性は男性の体温や鼓動などが感じられて安心感があります。

側位での挿入の仕方

側位は女性の背中に男性がくっつくような体勢になるため、寝転んだ状態で挿入になります。ちょうど女性のお尻が自分のペニスの辺りに来るので、穴はどこだ?と迷うことが少ないのも男性にとっては助かるところです。

女性の腰を抱えて近づき、ゆっくりと挿入していきます。リラックスできる体位のため、挿入したあとすぐに動くのではなく入れたままのんびり過ごしたり、たまに急に動いたりして女性を翻弄しても楽しいでしょう。

側位での腰の振り方

女性は激しくピストンされるのも気持ちよくて好きですが、焦らされながらゆっくりストロークされるのも中からじわじわと感じてより心の幸せを感じます。

体が横向きになっているということで、下になっている半分はなかなか自由に動かしづらいのもありますし、最初はゆっくり抜いたり挿したりして女性に深い性感を与えます。しばらくするとお互いに物足りなくなってきますから、そのときは激しいピストンへと切り替えます。

体勢的に他の一般的な体位よりも激しく腰を振ることが難しいので、ピストンの速さよりも「深さ」を重視したほうがいいと思います。そのときは女性の浮いているほうの足を高く掲げ、股を広げさせます。そのままで自分がベッドの足元に少し下がり、下のほうから一気に突き上げます。

股が開いていることで女性の奥底まで突くことができるので、速くなくても思わず喘いでしまうようなテクニックある攻め方になります。

側位で注意したいこと

根本的な話にもなりますが、側位はリラックスできる体位でもありますが同時に「女性が感じにくい」体位でもあります。それは体勢的にピストンしづらいのもありますが、一番は「女性のいいところに当たりにくい」という理由からです。

女性のいいところとはGスポットやPスポットといった部分で、Gスポットは女性のおへそ側にありPスポットは膣の最も奥にある子宮口付近にあります。

側位は女性の後ろから挿入する形なのでGスポット付近にはいきますがピンポイントではないし、女性の片足を上げない限り足を閉じている状態での挿入になるのでPスポットにも届きにくいです。

ただ、だからといって気持ちよくないわけではなく、体勢的にはバックと似ているので特にバックが好きな女性にとっては好きな体位の一つになってくれるはずです。あとは側位に慣れていき女性が感じるポイントを知ることです。

例えマスターするのが難しくても、新しい体位を取り入れてみるだけでも女性は頑張ってくれていると幸せな気分になれるので、やってみるに越したことはないですよ。