セックス体位の48手をマスター!初級編−セックステクニックを極める

セックスといえば挿入。男がリードしてあげる場面が多い挿入の時間は、いわば男として女性を体の芯までとろけさせるチャンス。ここでは「セックス体位の48手をマスター!初級編」のテーマでテクニックを紹介しています。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

48手の中でも簡単なものからスタート

セックスの体位は48手あるというのは知っている男性も多いと思います。しかし同じ48手の仲間と言っても、その中身は気軽にチャレンジできそうなものから、どうやってやるの?!という難しいものまでかなりレベルに差があります。

48手に苦手感を感じている男性も少なからずいると思いますが、それは難しい体位が珍しくて目につきやすいから。でも実際48手の中には、今からでも知ればすぐに実践できるような体位もたくさん含まれているんです。

正常位やバック、騎乗位だけでは物足りなくなってきたあなたは、ぜひ次のステップに進んでみましょう。

初級向け48手:しらがみ

しがらみの基本体位は正常位で、普通の正常位で男性が挿入した後に、女性が足を閉じピンと伸ばした状態で行うセックス体位です。

正常では女性が足を広げた状態で挿入したり腰を振ったりしますが、しがらみは完全にペニスが挟まれているので、主に男性にとって刺激的でイキやすい体位となっています。

ただ単に挿入後女性に足を閉じて伸ばして、とお願いするだけなので、初級向け48手の中でも最も気軽で簡単な体位と言えるでしょう。

初級向け48手:深山(みやま)

深山は基本体位は正常位で、そこから女性の両足を持ち上げて挿入するセックス体位です。自分の肩に上げた両足を乗せるとやりやすさがUPします。

両足を開かれて高く上げられることで、より奥までペニスが届くので、普通サイズの人はもちろん少しサイズに自信がない人でも女性を気持ちよくさせることができます。反対に大きめサイズの男性がしてしまうと、奥まで行き過ぎて女性が痛がるかもしれません。

深山は正常位からの流れで自然とやっている男性も多いのでは?まだやったことがない、という人は簡単なのでチャレンジしてみましょう。

初級向け48手:碁盤攻め(ごばんぜめ)

碁盤攻めの基本体位は後背位で、二人同じ方向を向いて立ち、女性が前に身をかがめてベッドや机に手をついて行うセックス体位です。別名「立ちバック」とも呼ばれ、こちらは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

バックは通常ベッドの上で女性が四つん這いになったところへ挿入しますが、碁盤攻めではお互いに床に下りて立つだけ。バックができれば碁盤攻めもできるので、48手初心者でも簡単にセックスに取り入れられます。

初級向け48手:絞り芙蓉(しぼりふよう)

絞り芙蓉の基本体位は座位で、座っている男性に女性が背を向けて同じ方向になるように座りながら挿入するセックス体位です。

絞り芙蓉の良いところは、挿入しながら男性が女性のおっぱいや乳首、クリトリスなどを後ろから刺激できるところです。女性は後ろからの責めに弱いので興奮度が高まります。

女性が上から乗る格好のため、腰を振るときは女性にも協力してもらい少し腰を上げてもらうか、完全に女性側から責めてもらうかのどちらかになります。責める場面が少ない女性にとっても、男性を気持ちよくさせることができる貴重な体位です。