後背位(バック)での挿入・腰の振り方−セックステクニックを極める

セックスといえば挿入。男がリードしてあげる場面が多い挿入の時間は、いわば男として女性を体の芯までとろけさせるチャンス。ここでは「後背位(バック)での挿入・腰の振り方」のテーマでテクニックを紹介しています。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

セックス体位−後背位とは?

後背位はエッチな話題や行為中にはバックと呼ばれることがほとんどで、このバックはセックス中一度は取り入れるという男女も多いです。

スタンダードなバックは、女性が四つん這いになり男が後ろから挿入するスタイル。見た目でも興奮しやすく、男は相手の表情を気にすることなくガンガン突ける、女は奥まで入りGスポットにも当たりやすいということで人気が高いのです。

双方が立って女性が壁に手を付きそのまま挿入する「立ちバック」もあり、いずれも野生的で興奮しやすい体位です。膣が背中側に寄っている下付きの女性は特に快感を得やすく、反対にお腹側に寄っている上付きの女性は少し無理な体勢になることも。

その他身長なども考慮する必要があるので、相手の女性によっては、段差を利用するなどの工夫をしましょう。

後背位での挿入の仕方

通常のバックも立ちバックも、お互いの身長を考えることが大事です。まず女性に四つん這いスタイルをとってもらい、自分はその後ろで膝立ちの状態で女性のお尻に近づきます。

膝立ちは調整できませんが、四つん這いはひじひざの曲げ具合で調整できるので、高い低いといった場合は女性にお願いしましょう。

位置が定まったら両手でお尻や腰あたりをぐっと支え、ゆっくりと挿入していきます。挿入の瞬間は痛みを感じる女性も多いので一気に入れず、入れては少し抜き、を繰り返して慣らしながら挿入します。

バックは体勢的に奥まで入りやすいですが、いきなり奥まで到達すると痛いですし、快感のGスポットは奥より少し手前に存在するため最初は浅めに。女性の呼吸が落ち着いてきた頃を見計らって、ストロークを開始しましょう。

後背位での腰の振り方

バックは男性にとって、比較的動きやすい体位と言われています。正常位などは女性の背中がベッドに着いていて全て自分が動かなくてはならないのに対し、バックは四つん這いのため女性も前後に動くことができ、自分が腰を前に出すと同時に女性の腰を引いて勢いよく打ち付けることができます。

実際、腰の振り方はいくら言葉や映像で見ても実践でのみ理解できる場合が多いので、まず布団などで練習してみるのも手です。

始めは挿入してスムーズに腰を振れるようになるだけで十分ですし、段々慣れてきたら女性の反応やGスポットを意識しながら振り方を変えてみるといった応用に移りましょう。

そして最も大切なのは、あなた自身が気持ちよくなっているかどうか。女性は男性から漏れる吐息などで更に興奮しますから、女性を気持ちよくすることだけではなく自分が気持ちよくなれるように締まりや角度などを調節しましょう。