騎乗位での挿入・腰の振り方−セックステクニックを極める

セックスといえば挿入。男がリードしてあげる場面が多い挿入の時間は、いわば男として女性を体の芯までとろけさせるチャンス。ここでは「騎乗位での挿入・腰の振り方」のテーマでテクニックを紹介しています。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

セックス体位−騎乗位とは?

騎乗、というと人が馬にまたがって乗っている図が思い浮かびますが、そのイメージの通りセックスでの「騎乗」は男の上に女が乗って挿入する体位のことを言います。

男が覆い被さる正常位やバックなどと違って、騎乗位は女性が上になることから女性優位の(女性が動きやすい)体位と言われています。

お互いの顔が見える向きで挿入する通常の騎乗位が「対面騎乗位」、女性が背中を向けて挿入する騎乗位を「背面騎乗位」と呼びます。よくセックスのマニュアルにある四十八手では騎乗位は「本茶臼」と呼ばれています。

騎乗位の一番のメリットは、女性の体重で男性器が女性の奥まで当たりやすいこと。あとおっぱいが揺れるところが見られて視覚的に興奮できるというところでしょうか。物理的に気持ち良いというよりは、女性のいやらしい姿が見られる体位として人気があります。

騎乗位での挿入の仕方

騎乗位では男性が仰向けで待っているところに、女性がきて腰を沈めることで挿入が完了します。

基本的には女性に任せるだけでいいということですが、経験が浅い女性だと戸惑うこともありますし、そうでなくても腰〜お尻あたりを優しく支えてあげて導く形にしたほうが愛情を感じさせることができます。

膣の位置は、自分の体なので女性が一番分かっていると思いますから、ちょうど膣の入り口と男性器がくっつくところまでは自分で移動してもらいます。そこは女性が自然とやってくれるはずです。

その後は腰に力を入れるのと同時に、女性を腰を手でゆっくり下に下げていきます。これは他の体位でも同じですが、いきなり全部入れてしまうと痛いので膣の入り口を愛液で濡らすように、先端を出し入れしながらだんだんと根元まで進んでいきます。

根元までいけば挿入完了!次のステップに移れます。

騎乗位での腰の振り方

騎乗位は女性優位な体位なので、女性が腰を上下して男を攻める時間も多いですが、騎乗位でも当然男が動く場面はあります。ここでは男が騎乗位で攻めるときのテクニックを書いていきます。

まず騎乗位で男が腰を動かすとなると、基本動作は「下から突き上げる」になります。女性に乗られてるのに腰を動かせるの?と思うかもしれませんが、女性も全体重を掛けているわけではなく浮かせながら乗っているので、普通に動かせます。

下から突くときは、まず女性の腰を持って下におろすと同時に自分の腰を前に出します。突き上げた反動で女性の体は離れ、女性の体重でまた下に戻ってくるときに腰を前に出して突く。この繰り返しになります。

言葉にすると難しさを感じると思いますが、実際にやってみるとパターンにハマってくれるので簡単です。

騎乗位で注意したいこと

男性が下、女性が上の状態で始まる騎乗位のピストン。理想として騎乗位は正常位などである程度膣が柔らかく濡れた状態で行ってほしいのですが、その理由は女性の体の負担にあります。

騎乗位は女性の体重で膣の奥まで男性器が届きやすいので、事前に慣らしていないと痛みが走るのです。

あとは、先に男性が頑張って動いておいたほうが、騎乗位になったとき自分も頑張らなきゃ!と思い女性がはりきって動いてくれます。女性はセックスにおいては受身だけどやってもらったら恩返ししたいという気持ちが強いのです。

騎乗位は女性が主導権を握れる数少ない体位だと言われていますが、そもそも女性は男性のように組み敷きたい、支配したいという欲求があまりありません。なので男の感覚で、女性が動いている=自分で気持ちよくなっている、と思っては間違いです。あれは男のために奉仕している姿なんです。

特に女性は動くことに慣れていませんから、ある程度やってもらえたら早々にバトンを受け取って攻めに転じてあげるほうが喜ばれるでしょう。