愛撫で女性を堕としてみよう−セックステクニックを極める

セックスで一番テクニックが試されるものといえば愛撫。愛撫テクニックを一度覚えてしまえば、女性を気持ちよくさせ、イカせ、虜にさせることだって夢ではありません。ここでは「愛撫で女性を堕としてみよう」のテーマでテクニックを紹介しています。

セックステクニックを極める サイトマップ

愛撫するとは

愛撫するといったら一般的にエッチの行為の際にパートナーの性器や性感帯をなめたり撫でたりすることをイメージする人が多いと思います。しかし、実際には「赤ん坊を愛撫する」といった表現、つまり、なでさすってかわいがることを意味します。

さて、この愛撫ですが、セックスにおいて非常に重要な役割を担っています。特に女性の場合、男性以上に愛撫に対しての依存度が高く、「挿入より愛撫される方が好き」という方も少なくないほどです。

では女性はどのような愛撫を求めているのでしょうか。ここでは「期待と意外性」「強弱と焦らし」「性感帯と辱め」という三つのテーマに沿って掘り下げていきたいと思います。

愛撫の何たるかをここで知り、実践で使い、女性を喜ばせる人が一人でも現れたらうれしい限りです。

期待と意外性

いきなりですが、あなたは女性に対してどのような愛撫をしているでしょうか。多くの男性が愛撫を「セックスの前段階」としてとらえているのではないでしょうか。しかし女性からしてみたらこの愛撫こそがメインと言っても過言ではありません。

愛撫が雑だと挿入されても気持ちよくない、むしろ「早く終わってくれないかな」と思われてしまう可能性すらあります。一方丁寧な愛撫、巧い愛撫を受けたらそれだけでイってしまう、もしくはイク寸前になるという感じです。

では実際にどの様に愛撫をすれば相手を満足させることが出来るでしょうか。

まず愛撫への考え方を根本的に見直しましょう。「愛撫でいかせる」くらいの意気込みでやってちょうどぐらいです。相手が「こうしてほしいな」ということを実践し、さらにそれに「意外性」が加われば女性をいかせることが出来る可能性は大です。

いかせることが出来なかったとしても満足する、ぼやーっとさせることが可能です。

期待とは触ってほしい、舐めてほしいという思いにこたえることであり、意外性とは「え?そんなことまでされちゃうの?」という想定外の愛撫を指します。

前者に対しては習うより慣れろといった方が速いです。求めている愛撫は人によって違います。なのでまずは時間をかけるということに専念してください。もちろんきっちり10分やるといった考えではなく、「相手が堕ちた」と漠然とした感覚でいいです。触ったりなめたりしたら快感が蓄積されあとちょっとでイクという状態になります。「もう無理」なんて言わせたら合格です。

後者は「こんなことされたことない」と思わせたら勝ちです。これはもはや想像の範囲でしかありませんが誰も舐めなそうなところ、刺激しなそうなところを攻めると答えに近づきます。

直接プロにも聞ける!セックステクQ&A掲示板オープン♪

セックスに関する悩みや知りたいこと、極めたいことは人それぞれ違います。誰か詳しい人に、個人的に相談できたら・・・と思ったことはありませんか?

すでにたくさんの男女が、性につてのお悩みを相談しています。まずはどんな書き込みがあるのか見てみましょう!

過去のセックステク質問・回答例をみる→

動画でセックステクを極める!

女性から喘ぎ声が止まらないような、そんなセックスしたいあなたへ。文章だけでなく実践を動画で見ることでどうすれば女性が喜ぶのか学ぶことができます!

強弱と焦らし

次に愛撫の仕方についてですが、慣れないうちは「時間をかける」という意識だけでいいのですが、次第にそれもマンネリ化を迎えてしまいます。女性は絶えず刺激を求めるので前回以上の快感を与えなければいけないというのを頭に入れておいてください。

次のステップは「愛撫に強弱をつける」ということと「焦らしを入れる」ということです。

例えば膣内に入れるとしましょう。あなたはどう動かしているでしょうか。私が聞く限り一定のリズムで早く指を動かしている人が多いようです。もちろんそれは気持ちいいのですが、同じリズムで同じ快感が繰り返されるだけなので「気持ちいい」止まりで終わるようです。

強弱をつけることによって予測不能な動きにつながり更なる快感を得られるので実践してみてください。そして焦らすという行為も有効的です。膣内で動かしていた指を止めてみる、あるいは抜いてみるということで相手から「早く」と思わせることが出来るのです。はっきり言ってその状態まで言ったら相手はあなたに堕ちていますよ。

性感帯と辱め

最後に最高の愛撫について紹介します。
性感帯は人によって違います。背中で感じる人もいればクリトリスであまり感じない人もいます。そういった性感帯を見極め愛撫していくことで相手に「この人うまい」と思わせることが出来るのです。

足の指や脇をなめてみたり恥骨を撫でたりというちょっと恥ずかしいところを攻めると気持ちよさに羞恥心が加わりより感じる可能性が大です。「恥ずかしい」という感情と「気持ちいい」という感情の重なっている部分は結構あるのでそこ目指して攻めてみると「今まで受けたことない感覚」を相手に与えることが出来るのでお勧めです。

それが出来たらはっきり言って「愛撫でいかせた」と豪語してもいいのではないでしょうか。そして「この人とエッチしたい」「離れたくない」と思わせることが出来るのです。

今夜のオカズはお決まりですか?